二酸化炭素                  二酸化炭素と酸素の微妙な関係 本文へジャンプ

 リラクシゼーション
 スキンシップ


    

  癌は自己消滅する
 
   お問い合わせ


   ホーム


皆さんは二酸化炭素に対してどのようなイメージや知識をお持ちでしょうか?

大体がほぼ以下のような捕らえ方が多いと思います。 

二酸化炭素については・・・

●二酸化炭素は代謝後に体外に出す、不要なもの。

●ある濃度では毒性を示し、窒息させるもの。

●植物では光合成で必要なもの。

●地球温暖化の元凶?。


酸素については・・・

●酸素は多く取り込むほうが体に良い?

●体の代謝に必要なもの。

●植物においては光合成の結果生成されるもの。


しかし、上記は本当になのでしょうか。

実は、二酸化炭素は体内を含む以下の場所にも存在します。




適用場所 酸素交換圧(mHg) 二酸化炭素交換圧(mHg)
大気中    160         0.3 
肺の中の肺胞    105       40
動脈又は酸素を得た血液    105       40
組織細胞     40       45
静脈又は酸素を交換した血液     40       45
呼気中    120       27
                  表1:酸素と二酸化炭素の分圧値


表1は正常な人の体内における酸素と二酸化炭素の分圧値を示したもの

です。比較のために大気中値も記してあります。ここで注目されるのは正

常な人の体内でも大気中に比べてかなり高い二酸化炭素レベルであるこ

とがわかります。特に私たちが注目しているのは肺胞と動脈の血液の値

です。


この値は正常である限り維持されているとされています(Tortora 1984)。

もし、なんらかの影響、例えば運動で二酸化炭素レベルが上がれば呼吸中

枢が指令を出し、呼吸量を増やし適切な二酸化炭素濃度に保とうとします。

そして、運動を止めてリラックスすると呼吸量を減らしもとの40mHgになる

ように調整されます。                  

以上を考慮すると、もしほんとうに二酸化炭素が体内に必要ないとしたらこ

のメカニズムでは全身をめぐらす動脈の血液では二酸化炭素は必要なくな

る筈ですが、逆にこの値を維持するように働いていることから鑑みても「体

内で二酸化炭素は必要である」ということが必然的に想起されます。           


この理由は
呼吸亢進(過呼吸)のページでもすこし述べられていますが、血

液中の酸素と二酸化炭素のバランスが適切な血中pHを維持するのに不可

欠であり、このバランスが過呼吸(呼吸亢進)などで崩れることにより様々な

問題が生じることがすでに判明しているのです。

要は、酸素、二酸化炭素のどちらが良くて悪いというものではなく、双方のバ

ランスが大切だったのです!

二酸化炭素が生理的に利益をもたらす側面として少なくとも次の4点が挙げ

ることが可能であるとされており、以下記してみると・・・・。



1.それは血液のpHのバランスを調整する大きな要素である。


2.それは呼吸の主な制御としての役割を果たす。

3.それは心臓、主な循環系上の影響において必須で強力な役割を果たす。

4.酸素の毒性から組織を守るための中和剤としての役目がある。


又,今流行の精神などを安定させるセロトニンも二酸化炭素を感知するからこそ,体内で

出されるものです。

 


ビューテイコ博士自身も1980年、インタビューにおいて二酸化炭素の重要性について次の

ように述べています。


「生命の理論、利益において、とりわけ二酸化炭素は地球上のあらゆる生命の基本的な栄

養である。 もし、それが消えてしまったら・・・、地球上で生存できる生命はいなくなるであろ

う。それは組織の内部環境を維持し、組織におけるすべての機能を調整する役割を果たす。

それは、まさにビタミンの中のビタミンである。」


ビューテイコ博士は酸素のみがとかく生理学的にも、健康と言う観点からも優位性が主張さ

れてきたことへの警鐘の意味も含めてこれほど二酸化炭素を賞賛したと思われます。

要は無駄なものは無く、必要があるからそこに存在していることにつきます。

そして、あとはバランスです


以上の理論が考慮され、ビューテイコは崩れた体内バランスを整える呼吸法を発案しました。

これにより、根本的なアプローチで喘息をコントロールすることができるようになったのです。


ビューテイコ博士自身は生前、ビューテイコ呼吸法を太古の呼吸と呼んでいました。

太古には二酸化炭素の量が現在より豊富に大気中に含まれており、動植物の生育に貢献

していたからです。
太古では,むしろ酸素は猛毒のものでした。




WIKIぺディアより


二酸化炭素


地球の現在の大気は二酸化炭素濃度が370 ppm(0.037%) であるが、過去6

億年のほとんどの間、大気中の二酸化炭素濃度は6000から400 ppmの間で

変化しており、過去40万年間(産業革命以前)では300ppmより低かった(顕生

代の大気中の二酸化炭素量と平均気温のグラフ[15]も参照)。

過去の地質時代と比べて、現在の大気中の二酸化炭素は非常に少ない。

6億年前から現在までの地球史のなかで二酸化炭素濃度が400ppm以下な

のは、石炭紀と現在の第四紀のみである。



  ビューテイコ呼吸法のページは、個人で訳した物なので、無断での掲載はご遠慮下さい。